Recent Posts

就職に職種を選んでいると就職できません

就職の職種は誰でも自分に合いそうな仕事を探して応募し、会社に採用されているのですが月日が経つにつれ、最初の仕事に対する気持ちが離れて行くのは誰でも経験することですが自分を、どういう立場に立たされているかにより仕事を続ける、あるいは断念するかに変わるようです。皆が認める一流企業の社員でも同じ心境なことは言うまでもありません。唯、言えることは自分を窮地に追い込んでいるか否かの問題と考えます。人は誰でも窮地に追い込まれますと心境の変化など考える余地はありません。そいう境遇を自ら悟る、あるいは自分を置いてみることが大事では無いかと思います。仕事は探せばあるという安易な考え方では直ぐに仕事を辞めてしまうほうを考えがちになります。英語ではハングリー精神といっていますが人間は空腹であるとなんでもする、あるいは出来るとう才能を持っていることから、そういう言葉が以前、生まれたものと考えます。我が国は戦後、全国民がハングリー精神で現在の経済先進国までに仕上げたのです。

Read more ›
2012年11月14日 at 4:29 PM様々な職種

職種についての研究は就職するときには大切です。

就職するにあたってまず自分にあっている職種を探していかなければいけないと思います。そのために自己分析をしたりインターンシップに行って自分にあう職種を絞ったり、人に紹介してもらったりするのです。私が思うには意外と他人から紹介された職種は自分にあっていることが多いと思います。というのは自分では気付かない特徴などが他人にはよく見えていることが多いのです。よって迷った場合は人の意見も大いに聞くべきだと思います。そして、次にその職種についての研究と志望動機を考えなければいけません。研究といっても、学生に調べれることなんて限られています。せいぜい業界の大まかな流れや仕事内容ぐらいでしょう。しかしここを押さえておけば面接でこちらから質問できたり、志望動機にも転用できたりして相手に「勉強してきている」というアピールをすることができます。学生の面接に立ち会ったことがありますが、意外とこの部分をできていない学生が多いと思いました。調べて評価が下がることはないので、志望動機も踏まえて、是非納得できるまで自分の目指す職種について研究すべきです。

Read more ›
2012年10月14日 at 4:29 PM様々な職種

就職した会社と職種に関して

私は、大学を卒業してすぐに今勤務している会社に就職しました。総合物流を手掛ける企業で、東証一部に上場した、一応大企業に分類される会社です。対外的には、財務状況などを勘案すると大変評価が高い会社ですが、従業員としては、福利厚生など、待遇があまり良くないので、勤務しにくい会社であると感じています。今の職種は、財務会計職です。特に学生時代に勉強していた分野ではなかったので、配属当初は大変苦労しました。しらないことだらけで、実務をこなすだけで精いっぱいで、理解を伴う事務処理ができていなかったと思います。実務経験と、自助努力による検定試験の受験などを通して、今は一通りの知識と技能は身に付けたと自負しています。この不況下ですので、転職を気軽にできるような状況ではないため、多少の不満があっても我慢して勤続するしかないと思っています。今の環境では、将来的に給与面で不満が出てくることが予想されますし、労働条件の悪さは如何ともしがたいです。もう少し福利厚生面で充実すれば不満はないのですが。

Read more ›
2012年9月14日 at 4:28 PM様々な職種

就職情報の職種について思うこと

以前は、求人広告といえば、毎日のように新聞に載っていましたが、いまでは、一週間に一回しか掲載されません。その代わり、インターネットや求人紙、フリーペーパーが、主な求人となっています。就職難の今、どんな職種が多いのでしょうか?なんと言っても、介護関係がダントツトップではないでしょうか?周囲で、新しい建物が建っているな、と思うと、大部分が介護施設だと言っても、過言では無いくらいです。介護の求人の多さを見ると、本当に人が足りていないんだな、と思います。私の知り合いも、15年も看護職から離れていましたが、人手不足から再び、職に復帰したそうです。そこもやはり介護施設のある病院でした。確かに、今、就職の狙い目の職種は、介護ヘルパーなどの介護職ですね。消費税の値上げ等が議論されていますが、介護職に付く人が躊躇することのないような賃金が確保されるといいと思います。また、就職先が介護関係だけに偏らないような、経済の回復を心から望みます。

Read more ›
2012年8月14日 at 4:28 PM様々な職種

様々な職種の人と関わるためには就職が不可欠

1つの企業だけを見てみても、たくさんの職種が集まって企業を作っているということがわかります。中には、一つの職種のみで統一されている所もありますが、規模が大きくなるにつれて大体4つから6つの職種によって企業内容が構成されています。そのため、実際に企業で働いてみると様々な学問を学んだ人に出会え、自分自身のフィールドというのもグンと広がるようです。私たちは、自分が志望している職種については、とことんいろいろと調べますが、そうでない職種については深くまで追究するということはないと思います。そう考えると、働くということは大変面白いことであるということが分かりますね。働くことで、自分自身の生きがいを見つけるという人は多いように思いますが、違う職種の人が仲良くなればなるほど、自分自身の成長に繋がると思います。企業だけではありませんが、何でも働くには、まずは就職することが第一条件となってくるので、しっかりと自分を見つめなおすことも大切だと思います。

Read more ›
2012年7月14日 at 4:27 PM様々な職種